スポンサーリンク
スポンサーリンク

★バイク乗りの綾ちゃん★








480 ちょっと書いてみる ◆TdVG.vOJjo sage 2005/11/07(月) 19:00:20 ID:t0AXsk2x0

◇1

会社で、あるプロジェクトが組まれて、半年ほど社外のスタッフと仕事をする機会があった。

おれは一目惚れしやすい質なので、こう云うときはすぐに好きになれそうな女の子を探す。

いや、その方が仕事に熱中できるってもんじゃないですか。好きな女の子がいれば気に入ってもらおうとする。気に入ってもらおうとすれば普通以上に頑張れる。













綾ちゃんは20代後半、165cm。がっちりした体型。胸なんて目立たない。男の子っぽいんだ。

短い髪の毛つんつん立てていて、カッコイイ。男前だ。いやもちろん女の子なんだけど。

750ccのバイクに乗って、毎日やってくる。

おれもバイク乗りなんでね。バイクの話から入ってすぐに仲よくなった。





◇2

綾ちゃんは仕事上では寡黙。だけど、すごくよく動く。自分の仕事でなくっても、誰より先に動く。

まあイベント関係なので、現場では力仕事も多いわけで、そんな時も重たい物を率先して運ぶ。

いい娘だ。ますます好きになる。

ときどき一緒に力を合わせて重たい物を持ち上げたりしてね、「お二人による初めての共同作業でございます」なんてふざけたりして。



あ、ごめん、おれは30代後半。妻子あり、だ。不道徳なことですまんな。あらかじめ謝っておく。





◇3

つつがなくイベント終了して、打ち上げだ。楽しいけど、ちょっと寂しい。がんがん酒が進むぜ。

綾ちゃんは、おくれてやってきた。その姿!

なんと!この半年、Tシャツ、ジーンズ皮ジャンでずっと過ごしていた綾ちゃんが、ひらひらしたブラウス、スカートで登場したんだぜ!

いやあ、会場、盛り上がった。いやおれの股間もいきなり半勃ちさ。



一緒に働いてた連中の中には綾ちゃんを狙ってる男はいないようだった。もっと他の、おんなおんなした女の子にべったりくっついたりしてさ。

うふふ、おまいらには、綾ちゃんの良さは判るまい。





◇4

で、おれと綾ちゃんは首尾よく隣同士になって、お互い手酌でがんがん。

二次会カラオケ、朝まで、肩組んで歌って。綾ちゃんのがっちりした身体を組んだ肩ごしに感じてさ。ちょっとどきどき。イイ!ああ、いい女だ。



お開き。最後に朝日を浴びながらカラオケ屋の前で抱き合った。少なくともおれ、嫌われてはいないみたいね。

「今度一緒にツーリング行こう。」

「はい、誘ってください。」

可愛いじゃないか。



何度かメールやり取りして、夏の終わり、信州方面へ行くことにした。あっちにはおれが贔屓にしている温泉がいくつかある。

と云っても、高級温泉旅館とかじゃないよ。

24時間いつでも入れて、料金は寸志程度を料金箱に放り込めばいいだけの、無人の露天風呂だ。



近くには公園もあって、そこにテントを張れば、まったく快適な温泉逗留生活が、送れると云う訳。それも殆ど無料で。





◇5

仕事してるときに、綾ちゃんがちょっと煮詰まって、

「あーもー、のんびりしたーい!誰かわたしを温泉に連れてってくださーい!」

なんて叫んでいたのを覚えていたからね。

「良い温泉あるよ」

って教えてあげたんだ。



東京から250kmくらい。金曜日の夕方早めに仕事切り上げて、高速に乗る。高速出口のひとつ手前のSAで綾ちゃんと待ち合わせだ。



実は問題が生じていた。おれのバイクが、3日前に充電系統の故障で修理に出ていたのだ。

どうする?先に延ばす?と綾ちゃんに聞いたけれど、まあ休みも取ったことだし、とこの週末強行することにした。

で、おれは車だ。イギリスの古いスポーツカーだから、屋根開ければバイクみたいなものだが。





◇6

SAで待っていると、派手な音をたてて彼女のバイクが入ってきた。ホンダのちょっと古い空冷4気筒。いい感じで年期が入っていて、タイヤも綺麗に端まで減ってる。

綾ちゃんは今日はぴっちりした皮つなぎだ。こうやって見るとやっぱり女の身体してますね。いいね、かっこいいじゃん。



彼女の荷物をおれの車に積んでやって、走り出す。悪いけど車とバイクでつるんで走るのは全然面白くないな。大人しく綾ちゃんの後を着いて走る。彼女はh連続するコーナを綺麗に身体を傾けてすり抜けていく。





◇7

夕暮れが迫り出した頃、目的地の、その無料露天風呂に到着。

まずはテントを張って(彼女もおれもツーリング用の小さなソロテントだった)、椅子テーブルランタンバーナセット。ビールで乾杯。のんびりお話。



ここの露天風呂はさっき云ったように管理人も誰もいない、24時間入り放題の処なんだけど、残念ながら男女の浴槽ははっきり別れていて、目隠しも完璧だ。



一休みしてからそれぞれお湯に浸かった。……ちょっと熱い。

暗くなるにつれ、ちらほらほかのお客さんも入ってくる。結構人気のスポットなんだ。



おれは先に上がって、夕食の準備。

ワインを冷やし、ちゃんとパスタを茹で、肉を焼く準備。頑張ってるな、おれ。





◇8

綾ちゃんが上がってきた。皮つなぎは勿論脱いでいて、いつもの白いTシャツに、ジーンズ、ごついワークブーツ。

でも湿ったままの髪の毛(いつものつんつんヘアー)、上気して化粧っ気のない顔が、なんだか色っぽい。やっぱこの子、良い娘だわ。



また乾杯。ゆっくりワイン飲みつつ、食事。あー、いーねー、和むわー。



「混浴かと思ってましたー。」

「え?あ、云ってなかったっけ?ここはちゃんと男女別れてるの。

 え?あ?なに?混浴の方がよかった?」

「そんな、そんな~。良いお風呂でしたっ!」





◇9

「ここからもうちょっと山へ上がるとね、そこにはもっとでかい、混浴の露天風呂があるよ。そこも無料(つーか寸志ね)。

 川沿いの岩風呂でね。ここよりもっとぬるいから、いくらでも入ってられるよ。

 あとで行く?」

「えー?でも恥ずかしいし~」

「普通みんなタオル巻いてるよ~。女の子は。まあ、もし良かったら、ね」

深追いはしない。



良い気持ちで飲み続けて、酔っ払って、またおのおの露天風呂に浸かって、今度は壁越しに声をかけたりする。

「おーい、眠ってない~?」

とかさ。

「はーい、起きてますよ~。齋藤さんは~?」(あ、おれ齋藤です。仮名ですけど)

「あー、もー、気持ちいーですよ!」

とかさ。ほかの客もいるのに。迷惑な酔っぱらいだ。





◇10

上がってまたビール。綾ちゃんも盛り上がってる。

「今日はほんっと楽しいですっ!来て良かった!温泉最高!」

「よし、じゃあ次、上(さっき云ってた川沿いの混浴露天風呂のことです)行こう!」

「えー、お酒飲んでるしー」

「だいじょぶ、こんな時間、こんな処にお巡りさんいないから。」(って酒酔い運転駄目ですよ<ネタですから)



おれの車で、山を駆け上がる。

運転しながらちらちら綾ちゃんの方をうかがう。お酒とお風呂で上気した頬、湯上がりの淡い石鹸の香り、あー、おれ理性飛ぶな。確信した。肩をそっと抱いてみる。こっち見てにこっと笑う。





◇11

上の露天風呂は22時すぎには照明が消えていて真っ暗だったけれど、星明かり透かしてみると数人の影が見える。何組かの男たち、あと一組のカップルらしい影。

綾ちゃんは、大きなバスタオルで厳重に身を包んで脱衣場から出てきた。

他のグループと、微妙な間隔を置いて肩まで浸かる。広い浴槽なんだ。



「あー、気持ち良い~」

「ね、来て良かったでしょ?」

「結構ほかのひと達、いるんですね」

「ねー」



みんなひそひそと、小声で会話している。

おれは勿論綾ちゃんの、バスタオルの中が気になってしょうがない。

むっちりした胸の割れ目に食い込んでいる白い布地が、いらだだしいったらありゃしない。





◇12

「ねーねー、齋藤さん、あれ。」

小声で綾ちゃんが、カップルの方を目で指し示す。

5mくらい離れた処の男女が、(女性は勿論バスタオル完全ガードなんだが)なにやら妙に密着している。

男の膝の上に、女の子が座っている感じ?後から男が抱き抱えてる感じ?

あ!女の子が振り向いてキスした!



「あ!」

綾ちゃんの小さな声。

「あ、……ねー」

おれもなんて言ったらいいのか。見て見ぬふり。でもしっかり見ている。

暗くて顔や年格好まではよく判らないのだけれど、身体の動きは何となく見て取れる。

あんな体勢で、まさか挿れてはいないだろうけれど、女が後ろ手に男の股間をまさぐっている?男は後から女のバスタオル内に手を入れ、乳を揉み、多分太腿の間に指をはわせている感じ?そして身体をくねらせてディープキッス。さざ波がこっちまでやってくる。





◇13

おれは会話に困っている。どう口を開いても不自然な感じ。

「ねー」

お湯の中で手を伸ばして、綾ちゃんの手を探す。見つけてきゅっと握る。

「ねー、ねー」

「どうしたんですか?」

ちっちゃな声で、悪戯っぽく綾ちゃんがおれの方を見る。

「変な感じ。あんなの見てたら、変な感じ」



バスタオルに包まれた綾ちゃんの身体が、側にあるだけで、40%勃起。

カップルの行為を見ているだけで、80%血流充填。

どきどきしながら綾ちゃんの耳もとで喋っていたら、何だかもうエネルギー充填100%近い。

「綾ちゃん可愛いし」





◇14

軽く手を引っ張って、綾ちゃんの身体をこっちに寄せる。お湯の中、軽くなった綾ちゃんが、ふわりと浮いてこっちに近づく。

バスタオルの腰に手を回す。密着させる。

綾ちゃんがおれの肩にしなだれかかってくる。OK?ね。



そっと、バスタオル越しに、胸を下から持ち上げてみる。予想以上のボリュームだ。

「あん」

綾ちゃんは小さく声を出し、こっちを向く。困ったような目、半開きの唇。



キスした。



綾ちゃんはいきなり舌を入れてきた。絡めあう。

右横に座ってる綾ちゃんに手を回し、右手はおっぱいをまさぐる。左手は深く水面下で、バスタオルの端から奥へと潜入を図る。





◇15

舌を絡めあっている。じゅるじゅる唾液の交換。歯茎をしゃぶり、唇をかみ、尖らせた舌を彼女の柔らかい舌に突き入れる。

「ん、ん!」

びくんびくんと体を震わせて、綾ちゃんは反応している。

おれの股間に手を伸ばしてきた。

軽く握られる。ぎゅっと握られる。大きさを確かめる様に、くいっくいっとゆっくりストロークさせてくれる。



おれもう120%MAX。温泉最高。





◇16

口を放す。顔を近づけたまま囁く。

「わたしもちょっと変な感じ……」

「ていうか、握ってるし~」

「あ、斎藤さんだって、触ってるし~」

おれの左手はお湯の中で、バスタオルの裾をはだけさせ、みっちりした太腿の間の柔らかい部分に押し当てられている。優しく指を蠢かす。

「あ、あ、あ、あ、駄目ですって!」

バスタオルはもう胸の部分もはだけてしまった。

お湯の中でゆらゆら揺れている。

星明かりの中で見え隠れする綾ちゃんの白いハダカ。

こねるように揉み扱かれて形を変える豊かなおっぱい。

太腿を半開きにしたまま、おれの指の侵入を許している黒々とした股間。良い景色です。





◇17

そっと辺りを窺う。

綾ちゃんはもう周りのことなんか見えてなくて、べろべろとおれの舌に絡みつきながら、必○でしがみついてくる。左手で、おれの勃起したちんちんを扱いてくれている。

「んー、んー、んん!」

大丈夫かな?誰かに見られてないかな?



さっきのカップルは、と見てみると、あっちは更にエスカレートしている、様に見える。

男が半分立ち上がって、完全に女の背中にのしかかっている。激しく両胸を後から揉んでいる。女はなんか中腰で、身体前傾させて顔がお湯の中に浸かる寸前。

自分の手を口に当てて、声が出るのを必○でこらえている風情。二人の身体がゆらゆら揺れている。

あれはもう挿れてるんじゃないの?





◇18

すごいなー、いくら暗くて顔も見えないとは云え、人前であそこまで出来るかー。

おれはちょっと冷静。

でも下半身は綾ちゃんの手の中でますます反り返り、こんなに激しく勃起したのは久しぶりかも。やっぱ、お酒と温泉で血流量が普段の1.25倍くらい増量中(当社比)。



綾ちゃんとキッスしながら、よいしょっとお尻に手を回し、お湯の中でお姫様抱っこ。こちらの脚の間に抱き抱える。相変わらずべろべろと舌を絡めながら。



男たちのグループは馬鹿負けした感じ?であっちの方を向いている。無視してるふりしながら、必○でこっちの様子を窺っているんだろうけれど。





◇19

綾ちゃんの白いハダカ。おれの腕の中で抱かれて、お湯の中にゆらゆらと蠢いて見えるそれを、しげしげと観察する。

がっちりした肩幅。しっかり張り出したおっぱい。だけど胸全体はバストというより胸囲、って云った方がいい感じだな<なんだそりゃ。

腰のくびれは、ない。お尻は全体としてはちっちゃい。だからなおさらくびれが、ない。これはちょっと残念だったが。



でもまあ、おれはそんな女の子っぽくない身体が、逆に良いのです。思ったとおりで、嬉しいんです。

働き者で、男っぽくて、普段仕事してるときは「おんな」なんて感じさせない綾ちゃんが、丸裸になっておれに抱っこされてあんあん喘いでいる。そのギャップが堪らんのです。





◇20

あっちのカップルはもう何が何だか判らなくなって絡み合っている。溺れなきゃいいな、とおれは思う。あぐぅ、あぐぅ!なんて海の動物みたいな声を洩らして、おんなが悶えている。



おれはお風呂の中では挿れる気はしない。なんかほら、お湯が入りそうでいやだし、せっかくのぬるぬるが洗い流されちゃって気持ちよくない。

それにどうせなら、しっかり舐めてあげてから、またしっかり舐めてもらってから挿入に至りたい。

だから触りっこだけで充分。今はね。





◇21

お尻の方から綾ちゃんに指を入れてみる。

綾ちゃんはくーーーっと反り返り、喘ぎながらゆっくり腰を前後させる。温かいお湯の中でも、綾ちゃんのあそこから湧き出てくるぬるぬるは、全然違うね。よく判る。



ゆっくり指をまわす。こりこりしたところを連続して刺激する。面白いように綾ちゃんは反応してくれる。

「綾ちゃん、普段は男の子みたいなのに、えっちなんだね」

小耳もとで囁いた。

「あ!ん!……いじわる」

彼女の手がまた伸びて、おれの勃起したものを掴む。

さっきよりもっと激しく、扱いてくれた。またキッス。





◇22

男たちのグループが先に上がり、今は俺たちともう一方のカップルだけになっていた。

もう全然見て見ぬふり。なんだか我慢大会だ。

あっちも、あんまり激しく動けないからだろうか、男がイッっちゃた様子はない。

今はおんなが正面から男にしがみついて、じっとしている。

入っているのかな?よく判らん。



根負けして、俺たちは先に上がった。お湯の中でひらひらしていたバスタオルを改めて綾ちゃんの身体に巻きつけて、先に脱衣場に行かせる。

おれは最大限に勃起したままのちんちんを剥き出しにして、湯船から出た。いいじゃん、誰が見てるわけでもなし。つーかカップルのおんなの方にはちょっと見せつけたい気分。

いや別に大きさ自慢してるわけじゃないのですけれどね。



俺たちが上がったら、晴れて二人っきりになれるこのカップル、きっとこれから身もふたもないセックスに溺れるんだろう。Good luck! つーか、あれだ、Good fuck!





◇23

面倒臭いことだがもう一度服を着て、人間に戻って、車に乗り込む。

ドアを閉めてすぐに綾ちゃんと抱き合った。キスをした。もう誰も見ていないから安心。情熱的に舌を絡めあって、もう一度気持ちを高める。



触りながら、触ってもらいながら下の露天風呂まで走る。

ああ、もう堪らないぜ。早くまた綾ちゃんを丸裸にして、今度は存分に、味わいたい。挿れたい。

二人分の空っぽのテントが寂しげに並んでいる公園に着いて、テントから寝袋を取ってくる。

さすがに薄っぺらいテントの中で、全裸になって抱き合う気はしない。それはあまりに無防備というものだ。

ちっちゃなクルマだけれど、なんとかシートをリクライニングさせて、あちこちに詰め物をすればフラットな寝床を作ることが出来る。

キャンプマットを敷いて、寝袋拡げて布団代わり。まるでおいら、巣作りをする雄鳥みたいだな。



今さらながらおれ、バイクが壊れてくれて幸いだったな、とか、思っている。





◇24

さあ出来た。今夜のベッド。シフトレバーにだけは脚をひっかけないようにね。

助手席に、ちょこんと座っている綾ちゃんを引き寄せる。

「おまたせー」

いきなり押し倒す。Tシャツを捲り上げてべろべろ舐め上げる。



おお!つやつやの黒いブラジャー。今さらだが。改めて興奮。ぐいぐい揉み上げる。もしかして勝負下着?綾ちゃんも期待してたの?



脱がすの勿体ないから、そのままにして揉み扱きながら、今度はジーンズを脱がす。

やっぱりつやつやの黒いショーツが見えてくる。イイ!





◇25

狭い車内だから綾ちゃんに協力してもらわないと、うまく脱がせられない。よいしょよいしょとジーンズを剥く。これでやっと、黒いブラ、黒いショーツ姿の、綾ちゃん出現。

肌はまだ、温泉の温かさをそのまま保っているかのように熱い。ピンク色だ。



くいっとひざを曲げさせ、おれは正面からショーツの真ん中に顔を埋めた。

ああ、石鹸の匂いだ。温泉の匂いだ。それから女の子の匂い。

そこの形が露になるように、たっぷりと唾液を送り込み、ショーツをぬらす。おれの背中をかきむしるようにして、綾ちゃんは身体を反り返らせている。



そろそろいいよね、と、ショーツと太腿の間に指を入れ、隙間を作る。黒々とした陰毛。しっとりと濡れている。



あ、言い忘れたけど、これらの行為は車のルームライトの、ほの暗い光の下で行われております。





◇26

おれは全部脱がすより、横から隙間を作ってそこをさらけ出していく方が好きだ。無理やり引っ張ってね。

無理やりその隙間に舌を押し込む。ああ、やっと綾ちゃんのこの、ぬるぬるしたところを味わうことが出来た。おれの舌はわがままな小動物のように、勢いよく、綾ちゃんの中に入り込もうとする。舌の根元が痛くなるほど、長く長く突き出して。



あーーん、あーーーん、鳴くように、泣くように綾ちゃんは声を○して喘いでいる。

じゃ、全部脱がせましょう。





◇27

お尻を浮かせ、黒いショーツをするりと抜き取る。いや、あそこから糸を引くように、ほかほかのショーツがぬるりと剥き取られた感じか。



今度はブラ。これもただ外すのは勿体ないからね。わざと上にずらして乳房剥き出しにして、思いっ切り舐め上げる。薄茶色の乳首がぷるぷる歪む。やっとホックを外して、綾ちゃん全裸完了。

さっきも見てるんですけどね、やっぱり脱がせていくのっていいですね。

格別の、征服感がある。

そこら中を舐めまくる。ほんと温泉に入ったばかりのセックスはいいですよ。嫌な匂いは全然しない。おんなの、良い匂い、良い味わいがするばかりで。





◇28

横たわったままの綾ちゃんをM字開脚させる。むしゃぶりつく。

「あ!あ!恥ずかしい、あ!」

びくんびくんと痙攣しながら上へ逃げていく。でも狭い車の中だからそれ以上は動けません。

まるで昆虫採集の虫ピンに刺された蝶々みたいに、おれの舌は綾ちゃんを突き刺して、動けなくしてやるんだ。



口を抑えて、声を○している綾ちゃんが可愛い。

「感じていいんだよ、声出していいんだよ」

舌の動きにハイスパートをかけてみる。

「あ!ふぅぅぅ!!!!」

変な声を出して、きゅーっと身体が収縮すた。良い感度してるよ。綾ちゃんは。



はぁはぁ喘ぎ続ける綾ちゃんに少しだけ休憩を与えて、今度はおれを握らせる。上半身を起こして、綾ちゃんの方を見る。

潤んだような目でおれを見て、それからおれのちんちんを見て、ゆっくりと顔を埋めた。





◇29

ぬるりと、熱くてねばねばしたものに、おれの股間が包まれた。

ゆっくりと、深く含み、それから引き抜く。亀頭の周りを締めつける処まで唇を引いて、それから勢いつけて、首を揺らし始めた。

「んんん、んんん!」

ちゅぷちゅぷと、嫌らしい音が聞こえる。締めつけ感とぬるぬる感と、口の中のどこかに当たるざらざら感が堪らない。

ああ、おれが過去に経験した内でもベスト3に入る上手さだ。全神経下半身集中。



あんなに男の子っぽくって、働き者で、頑張りやさんの綾ちゃんが、一体どこでこんなに上手なフェラチオを覚えたのだろう。

おれはちょっとだけ、綾ちゃんに性を教え込んだだれかに嫉妬する。





◇30

「……顔を見せて」

おれは絞り出すような声でお願いした。

綾ちゃんが、おれを咥えているところを見たかった。端整だけど普段は真面目すぎて、あんまり色っぽくない綾ちゃんの顔に、おれの勃起したものが付き刺さっている風景ってどんなだろう?

おれはそれを頭に刻んでおきたかった。



咥えながら、首を振りながら上目づかいで見てくれた。目がちょっと笑っている。

でもグロテスクなおれの勃起が、彼女の頬を膨らませ、顔を歪めさせている。唇の端から、だらだらよだれが溢れている。なんていやらしい。



おれは引き抜いて、また綾ちゃんに覆い被さった。気にせずキッス。

ちょっとしょっぱいのはおれの味か。

おれの勃起したものは綾ちゃんのその部分の前にあって、もういつでも中へ入れる格好。





◇31

キッスしたまま綾ちゃんの太股を拡げさせた。ゆっくりと腰を進める。

左手でおっぱいを弄び、右手はおれ自身の勃起したちんちんに手を添える。

綾ちゃんの真ん中の、ぬるぬるの肉襞に亀頭をあてがう。前後させてみる。

それ自身が吸いつくように、張り切った亀頭に粘りついてくる。良い角度で止めた。



ゆっくり入っていく。熱い粘膜におれの亀頭が包まれていく。

おれは腰を浮かせて、ちょっと止める。亀頭だけが入り込んだところ。ぴくんぴくん、って動かしてやる。

「あ!あ!あ!あん、もう!来て!」

小さな、震えるような声で、綾ちゃんが叫ぶ。

判った。じゃあ、入ります。





◇32

体重をかける。おれは入っていく。みちみちと肉が割れて、綾ちゃんがおれのサイズに合わせて広がっていく。ぎゅーっと締めつけられて、それから馴染んでいく。

くーーっと体を反らせ、おれの背中に爪を立て、眉をひそめ、口をすぼめて、綾ちゃんはおれを感じてくれた。

「んー、んー!」

声にならない声、甘えるような鼻息。

ゆっくりと、全ストロークを撃ち込み終える。陰毛と陰毛、恥骨と恥骨が密着し、おれの亀頭は綾ちゃんの奥の方の、なにかしなやかな壁みたいな部分に当たっている。



「はい、全部入りました」

おれは綾ちゃんの耳元で報告。





◇33

綾ちゃんのあそこは、ひくひくと蠢いている。丁度いい圧迫感。居心地いい角度。

奥から湧き出るぬるぬるも、多からず少なからずで丁度いい。

「綾ちゃん、すごく気持ちいいよ」

おれはこう云うとき正直になることにしている。

「綾ちゃんのここは、すごく気持ちいい。なんかもう大好き」

「……さいとう、さん!」

しがみついてくる。



それからもう一度ゆっくり引き抜いて、それから激しく動き出した。





◇34

綾ちゃんの腰骨を両手で掴んで、がんがんぶつけていく。

太股を持ち上げて、上へ上へとえぐり上げる。

両手を押さえつけて上半身の動きを止めてから、腰をグラインドさせる。

またぎゅーっと抱き締め、舌を絡ませながら、ちんちんを深く浅く、出し入れする。



「もっと声出していいんだよ」

唇をかみしめて我慢しているみたいな綾ちゃんに囁く。

おれの腰の動きに合わせて、クルマもゆらゆら揺れている感じだ。

一応すべての窓には目隠し板を貼っておいたんだけど、誰かがそばで見ていたら、何をやっているか一発で判っちゃうだろう。

でも、今は綾ちゃんの気持ちよがる声を、世界中のみんなに聞かせてあげたい。





◇35

「ああん、ああ!あ!!!」

ふうう、と息をついて、ひとこえ綾ちゃんが悲鳴を洩らす。

そうそう、そんな感じで鳴いてみて。

何か吹っ切れたみたいに、綾ちゃんがいきなり積極的になった。

大きく脚を拡げ、くいっくいっと腰をしゃくらせて、おれのストロークに合わせてくれる。

深く突っ込んだときに、きゅっと締めつける。薄目を開けて、おれを見つめている。

汗がぽたぽたと落ちて、綾ちゃんの胸の間に溜まり、流れた。



おっと、おれは動きを緩めた。急に来てしまいそうになったんだ。





◇36

にゅるーーーっという感じで、また奥まで入れて動きを止める。

「今、イッちゃいそうになった」

ほら、おれ正直だから。

荒い息をつきながら、綾ちゃんはにこっとする。

「イッちゃっていいのに」

「まだまだ。勿体ないもん」

「気持ちいい?」

「すごく気持ちいい。綾ちゃんは?感じてる?」

「すごくいいよ。あのね、斎藤さん、おっきいよぉ」

そーか、それはちょっと嬉しいな。





◇37

またキッス。

それから狭い車内で非常に困難だったのだけれど、綾ちゃんの脚を持ち上げてひとしきり突く。

角度を変える。挿れたまま、脚を、あっちの方へやって……<どっちだよ。

ふんふん言いながら、綾ちゃんのお尻をこっちに向けさせる。

抜けそうになるのを一生懸命押し込みながら、またくいくい腰を動かしながら。

にゅるり、とおれのちんちんが、綾ちゃんの体の中で180゜裏返しになる。

綾ちゃんに頭を下げさせ、お尻を突き出させる。OK、これで後背位の体勢。

「おれ、バックすきー」

「あ、あ、あ、ん!あたしも、あ!」

さっきと感じ方が違うね。まあ、おれの勃起の角度が変わったんだから当然か。





◇38

また突き入れる。今度は後ろからおっぱいを揉みながら。

下向きの重力で、綾ちゃんのおっぱいは一層ボリュームを増しているように感じる。

おれの動きに合わせて、ゆらゆら重そうに揺れている。

腰を掴んで、ガンガンぶち込む。くびれはないけど。丸くて張り切ったお尻。

綾ちゃんの亀裂が、おれの竿の形に合わせて丸く広がっているのがよく判る。

濡れた陰毛が、おれのちんちんにまとわりついて、出し入れの度に伸びたり縮んだりしているのが、なんか変な感じ。

綾ちゃんの首をひねらせて、無理な体勢でキッス。

「ううーううー」

ちょっと獣のように、綾ちゃんがうなっている。

「気持ちいい?」





◇39

また綾ちゃんの方が積極的に動き出し、腰を振り立てる。ああ!ちょっと、いきなり!

「ああ!ちょっと待って!」

今度はおれが情けなくお願いする。

「またイッちゃいそうになった」

「ん!ん!イッちゃって、いいよ!あ!」

綾ちゃんは腰の動きを止めない。

「あ!中で、出して、いいよ!」

おれ、こんなこと言われたの初めてだった。

腰を振り立て、おれのちんちんをしっかり咥え込んで、綾ちゃんは自ら快感を貪っていた。

そうして後ろを振り向き、目を半開きにして、言ったんだ。

「中で出していいよ!」

って。





◇40

イッちゃうか?おれの理性はとうに飛んでいた。このままラストスパートかけて注ぎ込んでやるか?

綾ちゃんがこんなことを言うのは、きっとピルでも飲んできたからじゃないの?

さっきの下着見ても判るとおり、綾ちゃんだって今夜はやる気まんまんでここまで来たんだよ、きっと。

バックから、がんがん出し入れしながら、おれはそこまで考えていた。

「え?え?え?イッちゃおうかな。あ!すぐイキそう。」



綾ちゃんと動きを合わせる。ぬるぬるの綾ちゃんの肉襞と、びんびんのおれのちんちんが熱く、激しく、しぶきをあげて高まりへ駆け上がる。





◇41

来た!

「ああ!でも!悪いし!」

最後の最後におれの理性が勝った(つーかここまでヤっておいて、理性もなにもないもんだが)。

限界まで来た勃起をぬるりと抜き去った。

崩れおちる綾ちゃん。

「あ、あ、あ、出る、イクよ。綾ちゃん!綾!」

睾丸が収縮し、駆け上がってきた。





◇42

男は情けない。

射精の瞬間は特に。

ぬるぬるべたべたのちんちんを扱いて、綾ちゃんの染みひとつない白い背中に、その口を向ける。

出る。モスラが繭を作るときのように、飛び出した。

背中にまき散らした。ぷるぷるのゼリー状の固まりがこぼれ、しゃぶしゃぶの液体が飛び散り、二度三度。



最後にとろりと、こぼれ落ちた。





◇43

「出ちゃったよ……」

汚れることなど気にしないで、綾ちゃんを背中から抱き締める。

首筋に唇を寄せ、耳を噛みながら囁く。

「気持ち良かった……」

ふーんふーんと、綾ちゃんは荒い息をついていた。

紅潮したほっぺが可愛かった。

「じっとしてて……」

背中に飛び散った精液を、ティッシュでぬぐい、おれのちんちんもふきふき。

この辺も、男は情けないな。





◇44

「綾ちゃんは、イッてないよね?」

裸のままで抱き合って、寝袋にくるまって、おれたちは話をしている。

「え~?気持ちよかったですよ!」

ちょっと申し訳ない。でも今夜は、あーもー、眠い。



お酒の酔いと、温泉のほてりと、セックスのあとの虚脱感、みんな心地よい。

どっちが先に眠ったか判らない。すーっと吸い込まれるように眠りに就いた。

おれに密着した綾ちゃんの太股、陰毛のじょりじょりが、がとても気持ち良い。





◇45

朝、変な感触で目が醒めた。

周りの雰囲気、暗さでまだ夜明け前だと判る。

綾ちゃんがおれの体にのしかかって、キスしていた。

手で、おれのちんちんを握っている。

よく事情が掴めなかった。

でも抱き締めた。むくむくと大きくなってきた。

綾ちゃんは何も喋らず、半分勃起してきたおれを扱いている。

薄暗い車内に綾ちゃんの表情が見える。

昨夜の恥じらいを含んだ表情とは何だか全然違う、今朝の綾ちゃんはどきっとするくらいおんなの表情をしている。

目に、淫乱な光がある。





◇46

綾ちゃんはおれに馬乗りになって、舌を絡めている。

垂れ下がったおっぱいの先っぽがつんつんに立っていて、おれの胸をくすぐる。

逆手で、勃起し始めたおれを握り、慣れた手つきで刺激してくれる。

おれは綾ちゃんの動きを見上げていた。感動を持ってそのいやらしい動きを鑑賞した。

勃起が完全になった。

昨夜射精して、ティッシュでふきふきしたままの、あんまり清潔とは言えないちんちんだけど、綾ちゃんはそれを大事そうに手で包み込み、さやさやと擦っている。

亀頭を指の間の輪っかに引っかけて、くりっくりっと、摩擦してくる。

「あ、そこ、一番感じる……」

おれは今朝はまるで女の子のように、綾ちゃんのなすがままになっている。

男前の綾ちゃんに犯されている、美少女のおれ?<危ない妄想だよ!





◇47

カリの部分を上手に刺激されて、おれの下半身全体は火でも点いたかの様に熱い。

いてもたってもいられない感じ。自然に腰が動く。

早く何とかしてください。綾ちゃん!

綾ちゃんは中腰になり、握ったものを自分自身の熱く柔らかい亀裂に押し当てる。

ぴたりと吸いつく。ゆっくりと腰を下ろしてきた。包まれた。

おれはまたしても、綾ちゃんの一番愛しい場所に填まり込んでしまった。

おれの肩に手を置いて、目を覗き込んでくる。

首をかしげて、口を真一文字に結び、小さく震えている。眉根の皺、薄く開いた目、すごくいやらしい表情だ。

「綾ちゃんって、大胆。いやらしい娘。でも淫乱なの好きだよ」

ちょっと言葉で責めてみる。くいっくいっと腰を突き上げながら。





◇48

はーーーっと空気が抜けるような溜息を一つついて、それから綾ちゃんは激しく動きだした。

「うぅん、うぅん、んんん!」

正確なリズムで腰を上下させ、おれの張り切った亀頭部分、血管を浮きたたせた竿部分をフルストロークで味わい尽くしている。うわ、気持ちいい!

濡れた結合部から、いやらしい音が、狭い車の中に響く。

空気が熱を帯び、むんとする匂いが沸き立つ様だ。

またゆらゆらと車が揺れている。

おれは下から冷静に観察している。

『おんならしく』なった綾ちゃんの表情。

ぷるんぷるんと無防備に揺れるおっぱい。

固く反り返ったおれのちんちんを深く咥え込み、途中まで抜き出してはもう一度深く填め直す、そう云った単調な動きを繰り返す、綾ちゃんの性器。なんか別の生き物みたいだね。





◇49

そうやって冷静に見ていると、今朝はイく気配は来ない。

綾ちゃんの腰の動きに合わせて、おれも腰を突き上げると、綾ちゃんは獣みたいな叫び声を上げて、更に激しく腰を振り立てる。

何だかどんどん解放されていくみたいだよ、綾ちゃん。

おれは我慢できなくなって、上半身を起こした。対面座位で抱き合う。腰の動きは止めない。

もっと激しく動きたい。

淫乱で、自分のペースで上り詰めていく綾ちゃんもいいけれど、最後は押さえつけて自由を奪って、高速ピストンを決めてやりたい。

こうなったら中出しでも、顔射でもなんでもいいや。

とにかくおれが一番気持ちイイ方法で、上り詰めてやる。

ちょっと思いもしないような乱暴なことをして、綾ちゃんを苛めてみたい。

もっと我を忘れさせて、ひぃひぃ言わせてやる。

そんな気持ちだった。





◇50

体勢を入れ換えて、綾ちゃんを押し倒し、足首握って大股を開かせ……。

ごつん、どこかに脚がひっかかる。ハバランスを崩し、填めたまま、たたらを踏むような感じ。身体が斜めになる。

寝袋の間から飛び出していたシフトレバーに、派手に横腹が食い込んだ。



ぐげぇ。嫌な音がしたのはおれの肋骨か、車のギアの方か。

息が止まった。

「つ、痛!」

機械仕掛けみたいに動いていた、腰の動きも止まった。

「?どう、するの?」

動きが止まったことに不審を抱いて、綾ちゃんがおれを見上げる。

痛くてまだ返事が出来なかった。





◇51

「ごめん、ぶつけた、ぐぎっ、ていった」

少し、しぼんでしまった。まだ入ってる状態だけれど。

「痛かった?」

笑いを含んで綾ちゃんが聞く。おれの胸の下。

「痛かった。狭いの、やだ」

くくくと綾ちゃんが笑う。

まずい!エロムードが一転してしまった。このままで終わる訳にはいかない。



「あ、ねえ、また上へ行こうか?」

「え?」

「昨夜の、上の露天風呂」





◇52

身繕いをし(やれやれまた服を着なくちゃ)、シートを戻し、目隠しを取って屋根を開ける。

ウィンドウグラス内側には水滴が盛大に付着し、ぬぐい去るのが大変だった。

ふたりの、汗やら唾液やら愛液やら精液やらが、一旦蒸発して、再び水滴に変わったものだ。もうびしょびしょですよ。

時計を見るとまだ5時前だった。やっと明るくなりかけてきた。

駐車場のほかの車は、まだしんと静まり返っている。



静かに駐車場を滑り出して、上へ向かう。

がん、とアクセルを踏む。どろどろどろと排気音が響いて一気に加速。

高原のひんやりした空気が気持ちいい。





◇53

「昨夜のカップル、まだいたりして」

冗談めかして、綾ちゃんが言う。

「まさか!そんなに長くは続かないですよ。……蛇じゃあるまいし」

「蛇って??蛇って、……えっち長いの?」

「あー、そーらしいですよ。蛇淫の性と言って……」

おれ何を喋ってるんだ。

「齋藤さんも蛇みたいー」

「いやいや、綾ちゃんこそ蛇ー、えっちー」

「齋藤さんの、ここの方が、やっぱり蛇ー、ヘビー級チャンピオン~」

なにをじゃれあってるんだ。おれたちは。





◇54

誰もいなかった。手早く服を脱いで、二人とも全裸になる。

朝の光の中でお互いをしげしげと観察する。

「行こ」

手をつないで、巨大な岩で出来た湯船に脚を踏み入れていく。

誰もいない浴槽からは、とうとうとかけ流しのお湯が、川に直に流れ落ちている。

ああ、何て贅沢な。

岩陰の、ちょっと隠れた部分に浸かり込む。

今度は最初から綾ちゃんを正面向かせ、抱き締めあう。ゆっくりとキスする。

唇を離しておれは言う。

「やっぱり広い処はいいわー」

綾ちゃんはにこっとした。





◇55

岩の表面にバスタオルを敷いて、綾ちゃんを座らせた。

ちょうど足湯をさせるくらいの位置。足を拡げさせ、自分で太股を持たせる。

おれはお湯の中から綾ちゃんの股の間に身体を割り入れ、顔を寄せる。

ピンク色の肉がはみ出して、濡れて光っていた。

そっと舌を近づける。

舌を尖らせて、震わせて、ぐいっと突き入れた。

綾ちゃんがびくんっと身体を反り返らせる。

優しく、優しく舐め始め、それからスピードをつけ、角度を変える。

こりこりした処をつつき、肉をすすり、噛み、震わせ、それから永遠みたいに長い間舌を上下させた。

びくんびくんびくん!とおれの舌の動きに併せて綾ちゃんは暴れ回る。逃がさない。

腰をしっかり抱き止めて、いっそう舌を突き入れる。しゃぶりまわす。





◇56

綾ちゃんが一番感じるポイントを見つけた。そこを舐めるときゅーって収縮して、身体が奇妙によじれる。

ピンポイント、攻める。ついでに指でクリトリス周辺をとんとん、って刺激してみる。

がくんがくん、って腰が動いた。

「あ!あ!・・・・ああっ!」

って叫んだ。

太股ががしって動いておれの頭を挟んだ。ぎゅーーーとおれにその部分を押しつけてくる。

舌ハイスパート。舌GJ!

どんって感じにおれは突き離されて、お湯の中に沈んだ。

綾ちゃんは後に倒れ込んで、自分で自分を抱き締めるみたいに、ぎゅーって固く収縮していた。

やがて弛緩した。ハァハァ、荒い息だけが聞こえる。





◇57

綾ちゃんがあっちの世界から帰ってきてから、おれはまたひとしきりしゃぶってもらった。

明るいところで見る綾ちゃんのフェラチオは、そりゃあもう絶景。

それから今度は岩に手を着かせ、立ちバックで挿入した。

昨日から何度目かで馴染みのある綾ちゃんのあそこ。迷いもなく、つつーって入って行くおれのちんちん。

でも足を温泉に着けながらのセックスは、これはまた格別で、血の巡りが良くなるからかしら、おれの勃起も、綾ちゃんのあそこのひくつきも、昨夜や今朝とはまた違っていたのだよ。

皆様にもお勧めしたいものです。健康にイイ(のか?)足湯立ちバック。



まあ、何にしても、広い場所でのセックスはいいや。

どんなに激しく動いても、何かにぶつかって怪我することないし。(とか思ってたら、あとで見たら岩風呂に擦ってあちこち生傷だらけ)





◇58

綾ちゃんの背中に密着して、胸を揉みながら腰を使う。

立ちバックの、浅い挿入がまた、隔靴掻痒感あってイイ!なかなかイかないし。

「ねえ、綾ちゃん」

「はい?」

こんな状態でも丁寧な言葉遣いの綾ちゃん、可愛い。

「昨夜、中出ししていいよ、って言ってたよね?」

「え?えへへへ、あん!」

「どうしてあんなこと言ったの?」

「だって、あん!・・ちゃんと、最後までイってほしいから。あん!」

「イっていい?」

「え?」

「イきそう」

イった。





◇59

びくんびくんと痙攣して、何度も射精した。注ぎ込んでいる。

あ、綾ちゃんが奥を、きゅーっと締めた。

ああ、最後まで絞りとられる感じ。ぎゅーっと密着。

「イッちゃったよ」

お湯が流れ落ちる音が急に耳に入ってきた。

ゆっくりゆっくり身体を放して、頼りなくなったちんちんを抜き出す。

名残惜しいけれど、ぬるり、と出た。

ぽかりと口を拡げた綾ちゃんのあそこから、とろりと溢れてきた。

「見ないで」

綾ちゃんはお湯に全身を沈め、その部分を隠した。

綾ちゃんの胎内から、おれの(余分な)精液は温泉のお湯とともに流れ出し、川へ落ちていったのだろう。

そのまま大平洋へ(ん?日本海かな)流れていけ、おれの遺伝子。

生まれてこのかた、一番豪快な射精であったかもしれない。





◇60

幸いなことに、最後までこっちの露天風呂にくる客はいなかった。

満ち足りたあとは、またゆっくりお湯に浸かって、まるで仲の良い恋人同士のようにいちゃいちゃする。

実はビールも持ってきてたんだ。

朝から混浴、露天風呂でビール。セックスのあとのビール。

温泉最高!<またかよ。



のんびり車を走らせて降りていく。

「今度はおっきい車にしようかな」

「え?どうしてですか、わたし、これ好きですよ」

それは、また嬉しい言葉だった。おれも本当にこの車が好きだし。





皆様、ご支援有り難うございました。

ごく個人的な性の体験で、美男美女が出てくるわけでもなく、レイプ乱交3P獣姦など、マニアックなセックスが出てくるわけでもありません。

面白く語れるか、抜ける話になるか不安でしたが、幸いにも喜んで戴けたみたいで、齋藤(おれだ、仮名だけど)も喜んでおります。

綾ちゃんですか、綾ちゃんは今も元気です。男の子みたいにがんがん働いています(多分)。



また機会がありましたら、あちこちでご報告させていただきます。

では名無しに戻ります。

どこかの無料混浴ロッテン風呂で会いましょう。<ロッテンかよ!












コメント

タイトルとURLをコピーしました